Hなマス双六-[11]-




メドーラ「いっ、出でよ触手の手たち!そして彼女らを触りまくるのです、さあさあ!」
キサナ「くっ、メドーラの影から沢山の手が襲い掛かってくるっ」
ルル「きゃあ」
ミリア「ルルっ……ゎ、きゃあ!」
サーラ「炎よ……!!」
メドーラ「な、なんですってー!?やめてくださいっ!わたしの生み出す手が炎の光で消えていってしまいます!」
クイ「風よ……かの敵を束縛してくださいましっ」
メドーラ「うっ!風が……まとわりついて身動きがとれませんよ?!」
ミラーシュ「よし、いまだっ。土人形作成……彼女を捕まえてっ。」
メドーラ「な、なんですか…?!」
ミラーシュ「後に回れゴーレム。そして彼女をおしっこのポーズに抱き上げて固定!」
メドーラ「なななんて恰好をさせるんですかぁぁっ?!」
コルエット「水よ……行きなさいっ!!」
メドーラ「ひっ……杖から水が飛び出てきて……きゃあああっ……」
ミラーシュ「コルエットちゃんも酷いことするなぁ、クリトリスに直撃してるんじゃないかな」
コルエット「はい。狙いましたので……」
メドーラ「はああああああああああんっ……っ!!」
サーラ「最初はあたしが戴くわよ……ちゅ……っ」
メドーラ「なっ……んっっんんん〜〜〜……っ」
サーラ「あたしのテクニックでメロメロにしてあげるから」
メドーラ「ふあっ……そんなところ触られたら……か、感じてしまいます……ふぅぅ……んっ」
ミラーシュ「あー、先を越されてしまった……じゃあ、ミリアちゃん、ルルちゃーん」
ミリア「わあっ……ミラーシュ様?!」
ルル「きゃう、急に抱き着かないでください、胸触らないでください」
ミラーシュ「今日は二人いっぺんにお相手するよー」
ミリア「ええっ……?」
ルル「何言ってるんですか……」
ミラーシュ「強がっちゃってー。二人ともこんなにぬれぬれ」
ミリア「あっ……ああんっ……くちゅくちゅしないでください……ああんっ……」
ルル「そんなこと……ありませ……んんっ、んっ……ふぅぅ……っ……」
キサナ「ミリア、こっち……」
ミリア「わ……キサナちゃん、助けてくれてありがとぉ……って、あれっ??」
キサナ「ミリアごめんね、もう我慢できなくって……んれぇろ……」
ミリア「ふあっ……キサナちゃん、舌が……首筋に……あっ……あっ……ん」
ルル「キサナさん?!ちょっとミリアに何するんですか……ふあんっ!?ミラーシュ様放してぇっ」
ミラーシュ「だーめ。ぴちゃぴちゃ……れろれろぉ……今日は乱交スワッピングで楽しも」
ルル「んっ……んぅぅ……ミラーシュ様そんなところ舐めないで……ください……んんっんっあっくふぅ……っっ」
サキ「出遅れてしまいましたぁ……ええとええとぉ……あっ」
クイ「?!」
サキ「えへへへへ……」
クイ「こわっ。近づかないでくださいまし……うわーーー」
サキ「ごめんなさいごめんさいぃ、一緒に気持ちよくなりましょうよう」
クイ「ぎゃーーー」
コルエット「サキさん!」
サキ「な、なんですかぁ?」
コルエット「その……わたくしも、その、混ぜてくださりませんか……?」
クイ「なにいってるんですか」
サキ「三人で……ぎゅーですぅ」
コルエット「ええ、ぎゅー」
クイ「二人でやってくださいましっ……むぐぐぅ、大きな胸で挟まないでくださいましっ息がっ」
サキ「あんっ……クイさんの吐息が胸に当たって……むずむずしますよぅ……」
コルエット「んんぁふっ……クイさんの手が当たって……んはあっ……そんなに乱暴にされたら……」
クイ「っ……このっ……爆乳たちめ……ですわー」
サキ「あんっ……あぁぁっ……強いですぅ……っ……」
コルエット「っ……ふあっ……もっと……お願いします……んんっ……」


イディラ「ふ。ふふふふふ……ふ?騒がしいと思ったら、お前ら何をやっている……?人の家のダンジョンで。。。」
サーラ「あーーー!」
クイ「イディラ!」
ミラーシュ「大ボス登場だ!!」
コルエット「ど、どうしてこちらにっ?」
イディラ「状況は呑み込めないが。。。いいだろう。。。望み通り全員犯してやろう。。。。。。」




目次